インフラエンジニアの仕事の特徴について

ITエンジニアというと、世間一般にはシステム開発の業務に就く、「プログラマー」や「システムエンジニア」をイメージされることが多いと思います。しかし、実際にシステムを動かすためには、その土台となるサーバーやデータベースなどの環境の構築と安定運用が欠かせません。そのため、開発エンジニアとは別にインフラ専任のエンジニアも活躍しています。

 

実際の業務では、日に当たる開発エンジニアと縁の下の力持ち的なインフラエンジニアに分かれるといってもよいかもしれません。

 

自分がどちらに向いているかは、人それぞれ異なります。プログラミングによって何かを作っていくのが好きな人は開発業務が向いているでしょう。一方、ソフト的なものよりもハード的な業務が好きな人というのは、インフラエンジニアが向いているといえます。

 

現場の業務については、開発業務は一般的に「実運用前のシステム」を開発することになります。ただ例外的に、運用中のシステムでトラブルが発生した場合は、大急ぎで修正パッチを作成する必要があります。

 

一方、インフラエンジニアについては、業務として多いのは『今動いているシステムのメンテナンス』といった形です。今動いているシステムが安定して稼働を続けられるように業務を行うのです。もちろん、稼働前のインフラ環境を新規に構築していく場面もありますが、数としては開発に比べて少なくなります。インフラを新規に構築していく場面はそう頻繁にないものです。

 

そうした面からも、インフラエンジニアは陰からのサポート的な存在になることが多いです。一方、開発に比べると、一度ついた業務は長期にわたるケースが多いです。じっくりと経験を積んでキャリアを積みたい方にはよい環境だとも言えます。