エンジニアのスキルアップについて

エンジニアとして感じる充実感の1つに、スキルアップがあるのは誰もが認めるところでしょう。スキルがアップすることで、これまで携わることができなかった業務で活躍することができますからね。

 

また、スキルの高い業務に就くことでこれまで見えなかった業務の姿が見えてくることがあります。エンジニアにとって充実感を感じる部分だと思います。

 

とはいえ、これまでやったことのない仕事にどうやって就くのかというのもまた問題です。

 

「はじめは誰でも初心者」なのですから、会社が進んで従業員に新しい仕事を任せてくれればいいのですが、現実的には従業員全員に順番に新しい仕事を与えるほど余裕のある会社ばかりではありません。

 

そういう場合は、エンジニア自身でスキルを付けていく他はありません。すべて会社が与えてくれるのを待つのではなく、自分から多くのスキルを付けていくということが必要になるのです。

 

その方法としては、多いものとしては「資格を取得する」ということでしょう。特に、サーバ系、データベース系、ネットワーク系ではベンダー資格が豊富ですから、勉強する内容には事欠かないはずです。

 

また、今の業務を行いながら新しいスキルを身に付けるやり方もあります。仕事は何人かで行っていることがほとんどですから、自分以外の人がどんな仕事をしているのか知り、それを少しずつ勉強することでも新しいことを覚えていくことができます。

 

仕事は複数人で行って大きなことが成し遂げられます。複数人のナレッジを活かすのも自分自身なのです。