ITエンジニアとしてキャリアプランを考える

異業種からITエンジニアの業界に入りたいというという人はいますが、ITエンジニアの中でも、「同じIT業界内で自分のキャリアをスイッチしたい」と考える人は多くいます。

 

・今までレガシーな言語での開発だったがオープン系にも携わりたい
・テスターから製造に、また製造から設計にキャリアアップしたい
・インフラの運用から設計ができるエンジニアにステップアップしたい

 

などでしょう。

 

中には、黙っていてもキャリアアップの場を提供してくれる会社もありますが、そういう恵まれた会社ばかりではありません。放っておくと、キャリアアップの機会に恵まれずに、年齢だけ重ねてしまうというケースもあります。

 

コーディング業務であれば実際に手早くコーディングができることが求められます。また、言語だけでなく、最新のツールやフレームワークの経験も求められます。こうしたことに順応するのは若い方が有利ですから、競争率の高い業務では年齢の高いエンジニアは弾かれてしまうこともたびたびです。

 

その場合に、年齢相応の知識があれば有利になりますが、そうでない場合は先行きが不安な気持ちで日々を過ごすことになります。

 

エンジニアとしてのキャリアプランはとても重要です。以前は、30歳までにキャリアプランを立てておくことが望ましいと言われましたが、最近はエンジニア不足という事情もあって、30代半ばや、40歳前までならキャリアチェンジができる場合もあります。

 

ただし、30代後半になってからのキャリアチェンジは最後の挑戦とも言えます。軽はずみな行動は好ましくありません。

 

じっくりと考えてキャリアチェンジをするのであれば、転職支援の専門家にも話をしてみることをお勧めします。転職サイトのコーディネーターは多くのエンジニアと多くのIT企業を見ていますので、豊富な情報や経験を持っています。