SE転職先として安定した会社を求める

転職したいSEにとって「安定した会社」を転職先に求める傾向が強いのは当然のことですね。最近の社会や自分の将来を考えれば、SEに限らず他の業種であってもその傾向は変わりません。

 

しかし実際のところ、安定した企業というのはその分入りたいと考える人も多くなるために、競争率が高くなることは否めません。

 

転職というのは自分のスキル以外に、他の応募者との相対評価となります。

 

企業としては求めるスキルや能力があるわけですが、そうしたスキルというのは往々にして完璧にマッチするものではありません。

 

・企業が求めるエンジニアとしての基礎スキル
・大勢のプロジェクトで仕事を進めるコミュニケーション力
・チームをまとめるマネージメント力
・いざというときに手が動くスキル

 

などがあり、さらにその上に
・業界独特の業務知識
・現用システムで要求される言語に対するコーディング力

 

そして極め付けが
・即戦力

 

といったもので、その会社自体で長年働いているプロパーをターゲットにしているとしか思えない「人物像」です。

 

転職者がそのような人材は稀ですので、大抵は、企業の求める最低限のスキルを持ったうえでの応募者同士の比較となります。採用枠が1名とか複数名という限定も出てきます。

 

安定した企業というのは人気が高くなりますから、競争率も上がります。そのために、採用を勝ち取るのは当然難しくなります。

 

そこで、エンジニアの方としても中期的な戦略が必要となるのです。

 

最初は安定した企業で働くこととできなくとも、徐々にスキルを付けていくことで将来的には希望の企業に転職できるケースもあります。また、自分が今何かに特化したスキルを持っているのであれば、そのスキルを待ち望んでいる企業があるかもしれません。これは多くの企業の情報を調べている必要があります。

 

ただしエンジニアは自分の今の仕事のための勉強をも必要ですから普段でも忙しいことが多いのではないでしょうか。そんな中、転職について時間を割くというのもまた難しい部分がありますよね。

 

『転職に関する情報を集めたい、キャリアについての相談がしたい』と考えるならば、転職の専門家に相談するのがお勧めです。転職支援の専門家であるキャリアコンサルタント(キャリアアドバイザー)に一度相談をしてみるというのも1つの選択肢として検討してはどうでしょうか。