運用SEとして転職を考えた場合

運用SEとして経験を積んできたエンジニアが転職を考えた場合、どのように転職活動を進めていけばいいのでしょうか。

 

ここでは、運用SEについては基本的にインフラ運用を指すものとして説明します。アプリケーションの運用業務がないわけではないですが、アプリの場合は、運用といっても維持開発に近いところがあり、バグ取りをしながらプログラムを改修していくケースがほとんどです。

 

その点、インフラだと設計・構築と運用というのはキッチリ分かれています。ただし、運用といっても単にオペレータ的な業務にとどまる場合と、運用しながら性能改善をしていく場合があります。後者の場合は、それなりの構築スキルがないと勤まらないですから、この辺はアプリ運用と同じ側面を持っています。

 

さて、インフラ運用の中で案件が多いのがサーバー運用ですが、その中でもLinux環境が多いです。最近はWindowsサーバを利用した環境も増えてきています。さらに、LinuxとWindowsの併用環境というのもあります。

 

比較的小規模な環境、個人規模の環境ではWindows Serverを用いて構成しているところは最近特に多くなっています。一方、金融や通信に代表される大規模なシステムではLinuxが圧倒的に多いです。もっとも、もう少し古いシステムだと、SolarisやHP-UXなどのUnixが使われていることも多いです。

 

そして、保険業界ではまだ汎用機、つまりメインフレームが主流だったりします。その場合開発言語もCOBOLとなります。一時はCOBOLは廃れて需要がなくなると言われていましたが、結局そんなことはなく、今でも保険業界を中心にCOBOLシステムの保守は必要で、COBOLエンジニアも活躍していますね。

 

さて話を戻し、業界的に大規模なシステムではLinuxが用いられていることから、エンジニアの需要としてもLinux運用経験があるITエンジニアの需要が高いです。Windowsサーバの案件もあるのはあるのですが、案件の規模や数に対してWindowsエンジニアの数も多いために、仕事を見つけるのは少し苦労する場合があります。インフラエンジニアとしてのスキルを磨くなら、Linuxは必須だと考えても良いぐらいです。

 

もちろん、LinuxとWindows両方が扱えればさらに選択肢は広がりますので、一流のインフラエンジニアになりたいなら、そこは外せないでしょう。

 

また、業務として純粋に基盤のみの運用というケースは稀です。Linuxの運用があれば、そこに載っているデータベースやミドルウェアの運用もセットというケースがほとんどです。データベースとしては、まずはOracleですが、他はMySQL、Postgresqlなどとなります。Webサーバについては、ほぼApacheです。その他、DNSサーバやメールサーバなどが運用されているケースもあります。

 

ただし、データベースについては扱いがシビアなため、データベースエンジニアが別途いるケースが多いですね。

 

こうしたミドルウェアの運用経験があるエンジニアは重宝されますし、場合によっては『知見がある』『知識がある』というだけでもアドバンテージが得られる場合があります。インフラの運用に関する幅広い知識と経験を身につけるようにしてください。

 

こうした業務の運用経験がある人材を求めている企業はかなり多いので、上記の経験があれば転職先を見つけるのにもそれほど時間はかからないことが多いです。最近は、クラウドが増え、自社のインフラ運用をアウトソーシングする企業が増えてきているとはいえ、ミッションクリティカルな業務については自社内運用という企業もまだまだ多くあります。

 

ただ、自社内で運用する代わりに、物理サーバを減らし仮想サーバ化した上でを運用ホストを増やすケースも増えてきています。そうしたことを考えると、VMwareについての運用経験があるというのもまた、大きな強みになります。

 

自社内でシステム環境を構築している企業では経験豊富なインフラエンジニアを探していることが多いので、そのような企業の求人を見つけ出せばよい条件での転職が進められるはずです

 

ただし、転職活動がうまくいくかどうかは情報収集の程度にもよります。普段から仕事が忙しくて情報収集する時間があまりないのであれば、転職活動も思うように進められません。そうした場合は、転職支援サービスに求人探しや転職サポートをお願いするというのも1つの方法です。