頼られるSEになるためには

SEに求められる最も重要な点は、ユーザの望む要件に沿ったシステムを送れなくリリースするために調整をすることです。プロジェクトを管理するのはもちろんプロジェクトマネージャー(PM)ですが、プロジェクトによってあるいはSIerによってはPMの役目をSEが兼ねる場合があります。本来はよくないことですが、PMが忙しすぎる場合は、SEがプロジェクト内での調整役を行う場合もあります。

 

そうなるとSEとしての業務は大変多くなります。プロジェクト内での意見の調整やとりまとめ、そして最終的にどの方向で進めるのが良いのかのアドバイスを求められることも有ります。また、下級SEやプログラマたちへの技術的な支援を求められることも有ります。

 

経験の浅いプログラマーは目の前にあるコーディングで手いっぱいになるあまりに、全体が見えなくなることも少なくありません。そうした場合、各プログラマが作ったコードが全体からみるとチグハグな状態になっている場合があります。

 

「システムとして動けばいいだろう」と考えて作られた突貫工事的なシステムの場合、後でメンテをするのがとても大変になります。最悪、システムに一貫性がなさ過ぎてメンテナンスをすることができないということにもなりかねません。

 

そうした事態を防ぎ、「一貫性のとれたシステム」「品質にムラのないシステム」「スケジュールに沿った進捗」を確保しながらプロジェクトを進めていくためにSEが果たすべき役割というのはとても大きいのです。

 

ただし、SEがいくら頑張ったとしてもプロジェクト内での空気が悪ければ全くの無意味です。風通しのよいプロジェクトではSEを含めメンバーは気持ちよく働けるものです。

 

自分のキャリアを積みたいのであれば、雰囲気の良いプロジェクトで働いた方が有利であるのは言うまでもありません。