開発エンジニアの仕事とキャリアについて

開発エンジニアというとIT業界でのエースと言ってもよいかもしれません。インフラエンジニアがいわば影の下の力持ちというと、開発となると製品寄りの業務となります。ただし一言で開発と言ってもその中には様々な業務があります。言語ベースによる区分け、開発プロセスによる区分けにより携わるエンジニアも変わってきます。ここでは開発エンジニアの業務とキャリアについて紹介していきます。

開発エンジニア記事一覧

Javaエンジニアの仕事とキャリアについて

Javaが生まれたのは1995年で、もうすぐ20年となろうとしています。Javaができた当初はマルチプラットフォーム言語だということで、かなりもてはやされ、多少の紆余曲折を経ながら今では最もメジャーな言語の1つとなりました。それゆえJavaができるエンジニアというのは最近ではとても重宝されています。...

≫続きを読む

 

PHPエンジニアの仕事とキャリアについて

PHPは今では、Web開発の主要言語となりました。そのためPHPが使えるエンジニアというと重宝されることがとても多いです。昨今は多くの会社や店でインターネットでのマーケットの重要性を認識していますから、その分PHPエンジニアに対しての需要も多いのです。ただしPHPエンジニアといってもPHPだけ使えれ...

≫続きを読む

 

C言語エンジニアの仕事と転職について

C言語というのはレガシーな言語ともいえ、最近ではCから発展したC++やObjective-Cなどの新しい言語も出てきています。そして今後開発エンジニアとして長く活躍したいのならC言語よりもオブジェクティブ指向の言語を学んだ方がよいとさえ言われています。しかしそれでも、C言語の需要は高いものがあります...

≫続きを読む

 

COBOLエンジニアの仕事と転職

COBOLはかなり前から使われている言語で、新規でシステムを構築する際にはさすがに今では選択されることはありません。ただし、以前からあるCOBOLのシステムをメンテする際には当然ながらCOBOLが分かるエンジニアが必要になります。COBOLがよく使われていた環境は汎用機です。企業側としても、汎用機は...

≫続きを読む