Javaエンジニアの仕事とキャリアについて

Javaが生まれたのは1995年で、もうすぐ20年となろうとしています。Javaができた当初はマルチプラットフォーム言語だということで、かなりもてはやされました。ただ当時はハードの能力がそれほど高いために、Java用の仮想環境であるJVMがとても重く、それゆえ『Javaは遅い』というイメージとなり思ったほど広がりは見せませんでした。それが今では、Javaを走らせるのに十分なマシンパワーを持つPCは当たり前となり、それにしたがってJavaも上も急速に高まりました。そして、多少の紆余曲折を経ながら今では最もメジャーな言語の1つとなりました。

 

メジャーな言語ということは、システム構築のために用いられることも多くなります。いまでは、国内のシステム開発において大半のアプリがJavaで動くように成っています。Javaがここまで広まった理由としては、次のようなものがあります。

 

(1)Linux、Windowsとも開発環境があること
例え良い言語であっても、特定の環境でしか開発を行えないのなら、ビジネスとしては扱いづらいものとなります。その代表例がC#ではないかと思います。C#が言語の仕様としてはとても良く出来ていますが、Windows上での開発環境のみのため、爆発的に広がるまでに至っていません。Javaであれば、Windows、Linux、Unix、モバイルではAndroidなど、多くのプラットフォームで動くアプリを作ることが出来ます。

 

(2)オブジェクト指向言語であること
エンタープライズ用途では、複数人で開発を進めていくのが普通です。そのためには、複数人で開発しやすい言語である必要があります。Javaはオブジェクト指向言語であるため、複数人での開発に向いています。

 

(3)Webアプリとの親和性も良いこと
Javaはデスクトップアプリとして動く一方で、Webアプリを提供することも出来ます。JSPやServletと呼ばれるものです。最近は、Web系システムの割合が急速に増えています。小規模なWebシステムであれば、PHPで組まれることも多いですが、規模の大きなWebシステムの場合、Java(JSP)を用いる場合もかなりあります。多くのプラットフォームで、そしてデスクトップでもWebでも動くのがJavaであり、それゆえ、Javaを用いたシステムの数は急速に増えてきているのです。

 

Javaができるエンジニアというのは最近ではとても重宝されています。新たなシステムとして開発言語にJavaが選択されることも多く、それゆえJavaができるエンジニアはいわば『引っ張りだこ』の状態だとも言えます。

 

とはいえ、仕事で求められるのは単にJavaを知っているというのではなくJavaの業務経験であることに間違いありません。JavaをStrutsのような環境で開発を進めていくような経験ですね。こうした経験があれば一層重宝される反面、業務経験が少なければあまり仕事が見つからないということはよくあることです。

 

ただしこうした状況は年齢が密接に関係してきます。

 

年齢が若いうちはJavaをある程度知っていればOKという仕事も多数あります。つまり業務を進めるうちに開発についても覚えていけばよいというスタンスですね。しかしある程度の年齢になるとそうは行きません。チームでの開発経験も求められますし、基本設計~詳細設計などの幅広い経験も求められます。

 

そのため若いうちに経験する業務内容というのはとても重要になるのです。今の業務が将来のキャリアにつながるかどうかは業界内で数年働いていればわかると思います。時には今の業務から一歩引いて自分の業務を眺めてみることも重要です。

 

今の職場で長く働いて得られるものが少ないと感じるのであれば、将来を見据えた職場に転職をするというのも1つの選択です。Java開発に携わるエンジニアとしては長く働くことができる職場という観点ではなく、将来のキャリアに役立つかという視点から確認していくことが大切です。自分だけで考えるのが難しければ、転職サイトのコンサルタントに相談してみてください。コンサルタントは多くの職場を知っていますので、客観的な意見をもらえることも多いです。

 

転職サイトと言っても「転職ありき」ではなく「相談から始める」ということが可能なサービスも多いですよ。