SE/PG/ITエンジニア転職こぼれ話

SEやPGをはじめ、ITエンジニアが働くうえで、あるいは転職をする上で知っておくとよい、ちょっとした話を紹介しています。実際に働いているエンジニアや転職を希望しているエンジニアと話をしたことで得られた生の情報も多数ありますので、この訪問者様が転職活動をする上でも役立つことと思います。

SE・PG転職こぼれ話記事一覧

ITエンジニアとして働くうえで最も重要なものは人間関係だという事実

SEとして働く場合に最も重要なものの1つが、職場での人間関係だと言えます。ITエンジニアというと、人間関係のしがらみから外れ、キッチリ割り切れるコンピュータやプログラムとかかわりあうのみというイメージを抱いている人からすると意外なことかもしれませんが。しかし大きなプロジェクトとなると、複数人で協力し...

≫続きを読む

 

多様化している開発エンジニアの契約スタイル

最近のオープン系の開発エンジニアがどこの現場でも足りておらず、言ってみれば常に良いPGを探している状態です。確かに考えてみれば当然で、ここ数年はJavaや.NETによる開発の割合がとても高くなっています。そのため、どの会社も自社にいるプログラマーを手放そうとはしません。開発する案件の数に対してPGの...

≫続きを読む

 

お客様が求めるものをくみ取ることができないSEは致命的と言える

SEともなるとエンドにいるお客様と話をすることも出てきます。その際に、お客様がどういった立場の方なのかを理解することはとても重要です。エンドのお客様といってもそのお客様がITベンダであることがあります。反対に、ITとは無縁の業務に携わっている方の場合あります。その際、お客様がどういった立場の方かによ...

≫続きを読む

 

SEの性格とプロジェクトへの参画について

SEの性格について言うと、SEになる人はどちらかというと几帳面な性格の人が多いものです。SEという仕事、あるいはITエンジニアという仕事柄そうなってしまう部分もありますし、またそういう性格でないとIT業界で長くやっていけないというケースもあります。几帳面なタイプの中でも、もう少し細かく見ていくと次の...

≫続きを読む

 

SEから営業へ変わりたいというエンジニア

私が話したエンジニアの中でも、SEから営業に転換をした人が何人かいました。話を聞くと、SEから営業へのスイッチを考える人は意外と多いようです。別のページでも書きましたが、どこの会社でも営業要員というのは不足しています。まぁ、最近はエンジニアも営業に負けず劣らず不足しているのですが。そのため、ある程度...

≫続きを読む

 

プロジェクトのトップは日本のSIerでない方がよい?

システム構築のプロジェクトの役割としては大きく、PM(プロジェクトマネージャー)SE(システムエンジニア)PG(プログラマー)に分かれます。もっと大きなプロジェクトになると、PMの上にコンサルタントがつく場合もあります。さて、最近の大型プロジェクトではPMやその上のコンサルタントは日系ではなく欧米系...

≫続きを読む

 

将来のエンジニアの需要について

仕事をする上で、仕事の数とエンジニアの数の均衡がとれていることがベストであるのは言うまでもありません。しかし、それは理想ではありますが、なかなかうまくいかないものでもあります。(1)仕事の数>エンジニアの数この場合、エンジニアは仕事を見つけるのには苦労はしないと思いますが、仕事が多すぎて激務につなが...

≫続きを読む