お客様が求めるものをくみ取ることができないSEは致命的と言える

SEともなるとエンドにいるお客様と話をすることも出てきます。その際に、お客様がどういった立場の方なのかを理解することはとても重要です。

 

エンドのお客様といってもそのお客様がITベンダであることがあります。反対に、ITとは無縁の業務に携わっている方の場合あります。その際、お客様がどういった立場の方かによってSEとしての話し方も変わってくるはずです。

 

ITベンダであれば技術的な部分を前面に押し出して話をすることになります。一方、他業種の方である場合には、その方が何を求めているのかを把握してその不安に沿った説明をすることになります。最もITベンダーとやり取りする際にもベンダーの先には一般のお客様がついているはずですから、結局はお客様の不安を解消するために必要な内容は含めておくことが必要なのですが、その役目はベンダーがになっていることが多くなります。

 

お客様についてのこうした把握がおろそかになると

 

片やお客様の方からは「説明で何を言ってるのかわからない」となり、反対にSEの方からは「何度説明をしても分かってくれない」という食い違いが起こることになります。そうなった場合は、本当は技術的スキルは高いのに「仕事ができないエンジニア」という評価を下されてしまうことにもつながります。

 

そういう意味では、エンジニアとてコミュニケーション力は欠かせないものなのです。